奥山理子が登壇

映画「地蔵とリビドー」野外上映会&トーク

2021年11月14日(日)16:30~19:10 
会場:滋賀県立美術館木のホール、びわこ文化公園 催し物広場

映画「地蔵とリビドー」野外上映会&トーク 画像
映画「地蔵とリビドー」野外上映会&トーク 画像 映画「地蔵とリビドー」野外上映会&トーク 画像

奥山理子が登壇

映画「地蔵とリビドー」野外上映会&トーク

2021年11月14日(日)16:30~19:10 
会場:滋賀県立美術館木のホール、びわこ文化公園 催し物広場

滋賀県立美術館にて、障害者福祉施設「やまなみ工房」(滋賀県甲賀市)に所属する作家の作品制作現場に迫るドキュメンタリー映画「地蔵とリビドー」の野外上映会と関連トークが開催されます。
トークでは、障害のある作家たちの表現に現場で向き合ってきたやまなみ工房の山下完和氏、滋賀県立美術館ディレクターの保坂健二朗氏とともに、みずのき美術館の奥山理子が登壇いたします。
人間の表現欲求の根源や多様性について感じ、考えていただける機会となります。ぜひ、ご参加ください。

(主催:滋賀県立美術館・「文化芸術×共生社会プロジェクト」実行委員会、協力:やまなみ工房)

滋賀県立美術館WEBサイトよりお申し込みくださいhttps://ttzk.graffer.jp/pref-shiga/smart-apply/apply-procedure-alias/21sc30010110/door

 

日時
2021年11月14日(日)
   トーク 16:30~17:30 
   野外上映会「地蔵とリビドー」 18:00~19:10 
会場
トーク:滋賀県立美術館木のホール、野外上映会:びわこ文化公園 催し物広場(美術館から徒歩約3分))  
参加料
無料
(当日は展覧会「ボイスオーバー 回って遊ぶ声」の最終日です。トークへのご参加には、同展のチケット半券または滋賀県美メンバーズ会員証のご提示が必要です)
募集人数:先着70人
申込方法
滋賀県立美術館WEBサイトよりお申し込みください
申込締切
11月13日(土)12:00
トーク出演者プロフィール:

 

山下 完和(やまなみ工房施設長)
1967生まれ。高校卒業後、様々な職種を経た後、1989年5月から、障害者無認可作業所「やまなみ共同作業所」に支援員として勤務。
その後1990年に「アトリエころぼっくる」を立ち上げ、互いの信頼関係を大切に、一人ひとりの思いやペースに沿って、伸びやかに、個性豊かに自分らしく生きる事を目的に様々な表現活動に取り組む2008年5月から社会福祉法人やまなみ会やまなみ工房施設長に就任

 
保坂 健二朗(滋賀県立美術館ディレクター)
1976年生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程修了後、2000年より20年まで東京国立近代美術館に勤務、「フランシス・ベーコン展」(2013)、「声ノマ全身詩人、吉増剛造展」(2016)、「日本の家1945年以降の建築とくらし」(2017)など多数の展覧会を企画。主な著作に『アール・ブリュットアート 日本』(監修、平凡社)など。『すばる』の連載など、芸術についての寄稿多数。2021年から滋賀県立美術館ディレクター(館長)に就任
Photo: 木奥恵三
 
奥山 理子(みずのき美術館キュレーター)
1986年生まれ。2012年みずのき美術館の立ち上げに携わり、以降企画運営を担う。アーツカウンシル東京「TURN」コーディネーター(2015-2018)、東京藝術大学特任研究員(2018)を経て、2019年よりHAPSの「文化芸術による共生社会実現に向けた基盤づくり事業」に参画し、相談事業「Social Work / Art Conference」ディレクターに就任
Photo: Sepide Hashemi