他の会場への出品

アール・ブリュット再考2展

みずのきの色層

2019年2月23日(土)〜 3月10日(日)
会場:徳島県立近代美術館

みずのきの色層 画像
みずのきの色層 画像 みずのきの色層 画像

アール・ブリュット再考2展

みずのきの色層

2019年2月23日(土)〜 3月10日(日)
会場:徳島県立近代美術館

徳島県立近代美術館にて、みずのき美術館の所蔵作品とみずのき絵画教室の歩みを紹介する展覧会が開催されます。

以下、チラシより

みずのきの55年
この展覧会は、京都府亀岡市にあるみずのき美術館の所蔵作品を紹介するものです。この美術館の作品は、母体である障害者支援施設みずのきの創立5年目に開設された絵画教室(1964年?2001年)で、日本画家・西垣籌一の指導のもとで生まれました。みずのきの作品の魅力の一つは個々の作り手の色使いです。色彩を様々に組み合わせて特定のモティーフを繰り返し描き続ける人もいれば、渋い色を用いて動物や鳥など具象的なモティーフを描く人など、実に多様で興味深いものです。また、一人の指導者による美術教室の作品を紹介することは、現在、障がい者の美術制作を支援している人々にとっても、気づきのきっかけとなるものではないでしょうか。

会期
2019年2月23日(土)〜 3月10日(日)
会場
徳島県立近代美術館 展示室3
開館時間
9:30〜17:00
入場無料
休館日
月曜日
主催
徳島県障がい者芸術・文化活動支援センター、徳島県立近代美術館
特別協力
みずのき美術館

関連事業

講演会「みずのき‐55年のアートの関わり」

日時:2019年3月3日(日)14:00~15:30
会場:徳島県立近代美術館 講座室(3階)
講師:奥山理子(みずのき美術館キュレーター)
参加対象:どなたでも(参加無料/申込不要
※手話通訳・要約筆記あり

 

ギャラリートーク

日時:2019年2月24日(日)14:00-14:45
2019年3月9日(土)14:00-14:45
会場:徳島県立近代美術館 展示室3(2階)
講師:吉川神津夫[上席学芸員]
参加対象:どなたでも(参加無料/申込不要※手話通訳・要約筆記あり

徳島県立近代美術館

〒770-8070
徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園内
https://art.tokushima-ec.ed.jp//

平成30年 共生の芸術祭

アートと障害のアーカイブ・京都

2019年1月23日(水)〜 1月27日(日)
会場:文化パルク城陽 西館地階 市民プラザ

アートと障害のアーカイブ・京都 画像
アートと障害のアーカイブ・京都 画像 アートと障害のアーカイブ・京都 画像 アートと障害のアーカイブ・京都 画像 アートと障害のアーカイブ・京都 画像

平成30年 共生の芸術祭

アートと障害のアーカイブ・京都

2019年1月23日(水)〜 1月27日(日)
会場:文化パルク城陽 西館地階 市民プラザ

当館が制作を担当させていただき、2018年9月に京都文化博物館別館ホール、12月に舞鶴赤れんがパークで開催された共生の芸術祭「アートと障害のアーカイブ・京都」が、文化パルク城陽に巡回いたします。

以下チラシより

障害のある方たちの作品や表現に内包される豊かな創造の世界に、私たちはしばしば魅了されます。しかし、こうした作品の評価はいまだ曖昧で、社会へ伝わらないままに消失したり、散逸する場合も少なからず存在します。そして彼らの創作環境もまた、個々の福祉施設内や個人の取り組みにとどまっているのが現状です。
そうした中、京都府では、作品を「記録する」ことに着目し、昨年度より府内の障害のある方たちの作品をデジタルで記録・保存・データベース化し、ウェブサイト等を通じて幅広くその活動の発信、作品の活用機会の拡大を図るデジタルアーカイブ事業(アートと障害のアーカイブ・京都)を実施しています。
このアーカイブという「記録活動」は、私たちに、作品、創作活動、表現の背景など、作者の表現世界への新たなアクセスの可能性をもたらしました。
今年度開催する「共生の芸術祭」では、本事業を周知するため、本事業をテーマとして構成しました。障害のある方たちの表現世界をどのように捉え、そして、どのように残し、伝えていくか、その在り方の一つを紹介します。

会期
2019年1月23日(水)〜 1月27日(日)
開催時間
10:00〜20:00(入場無料)
出展作家
池上洋二
上羽千春
国保幸宏
後藤実
濱中徹
藤橋貴之
主催
きょうと障害者文化芸術推進機構
制作
みずのき美術館
会場制作
STUDIO森森・barge fine products
広報デザイン・会場サイン
Su-

出展協力
京都市ふしみ学園 アトリエやっほぅ!!・社会福祉法人新明塾 工房ソラ・社会福祉法人相楽福祉会・社会福祉法人みずなぎ学園・NPO法人スウィング
お問合せ
きょうと障害者文化芸術推進機構事務局
TEL(075)414-4603 FAX(075)414-4597
〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
京都府健康福祉部障害者支援課内

関連企画

最終日 1月27日(日)
15:30〜
ギャラリートーク
展示作品の解説を会場内で行います。ご予約不要です。

進行:奥山理子( みずのき美術館 キュレーター)

平成30年 共生の芸術祭

アートと障害のアーカイブ・京都

2018年12月12日(水)〜 12月17日(月)
会場:舞鶴赤れんがパーク 赤れんが2号棟

アートと障害のアーカイブ・京都 画像
アートと障害のアーカイブ・京都 画像 アートと障害のアーカイブ・京都 画像 アートと障害のアーカイブ・京都 画像 アートと障害のアーカイブ・京都 画像

資料をダウンロード

平成30年 共生の芸術祭

アートと障害のアーカイブ・京都

2018年12月12日(水)〜 12月17日(月)
会場:舞鶴赤れんがパーク 赤れんが2号棟

当館が制作を担当させていただき、今年9月に京都文化博物館別館ホールで開催された共生の芸術祭「アートと障害のアーカイブ・京都」が舞鶴赤れんがパーク2号棟に巡回いたします。

以下チラシより

障害のある方たちの作品や表現に内包される豊かな創造の世界に、私たちはしばしば魅了されます。しかし、こうした作品の評価はいまだ曖昧で、社会へ伝わらないままに消失したり、散逸する場合も少なからず存在します。そして彼らの創作環境もまた、個々の福祉施設内や個人の取り組みにとどまっているのが現状です。
そうした中、京都府では、作品を「記録する」ことに着目し、昨年度より府内の障害のある方たちの作品をデジタルで記録・保存・データベース化し、ウェブサイト等を通じて幅広くその活動の発信、作品の活用機会の拡大を図るデジタルアーカイブ事業(アートと障害のアーカイブ・京都)を実施しています。
このアーカイブという「記録活動」は、私たちに、作品、創作活動、表現の背景など、作者の表現世界への新たなアクセスの可能性をもたらしました。
今年度開催する「共生の芸術祭」では、本事業を周知するため、本事業をテーマとして構成しました。障害のある方たちの表現世界をどのように捉え、そして、どのように残し、伝えていくか、その在り方の一つを紹介します。

会期
2018年12月12日(水)〜 12月17日(月)
開催時間
10:30〜18:30(入場無料)
出展作家
池上洋二
上羽千春
国保幸宏
後藤実
濱中徹
藤橋貴之
主催
きょうと障害者文化芸術推進機構
制作
みずのき美術館
会場制作
STUDIO森森・barge fine products
広報デザイン・会場サイン
Su-
出展協力
京都市ふしみ学園 アトリエやっほぅ!!・社会福祉法人新明塾 工房ソラ・社会福祉法人相楽福祉会・社会福祉法人みずなぎ学園・NPO法人スウィング
お問合せ
きょうと障害者文化芸術推進機構事務局
TEL(075)414-4603 FAX(075)414-4597
〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
京都府健康福祉部障害者支援課内

関連企画

12月15日(土)
14:00〜
ギャラリートーク
展示作品の解説を会場内で行います。ご予約不要です。

進行:奥山理子( みずのき美術館 キュレーター)

平成30年 共生の芸術祭

アートと障害のアーカイブ・京都

2018年9月5日(水)〜 9月9日(日)
会場:京都文化博物館 別館ホール

アートと障害のアーカイブ・京都 画像
アートと障害のアーカイブ・京都 画像 アートと障害のアーカイブ・京都 画像

資料をダウンロード

平成30年 共生の芸術祭

アートと障害のアーカイブ・京都

2018年9月5日(水)〜 9月9日(日)
会場:京都文化博物館 別館ホール

当館が制作を担当させていただきました、共生の芸術祭「アートと障害のアーカイブ・京都」が文化博物館にて開催されます。
以下チラシより

障害のある方たちの作品や表現に内包される豊かな創造の世界に、私たちはしばしば魅了されます。しかし、こうした作品の評価はいまだ曖昧で、社会へ伝わらないままに消失したり、散逸する場合も少なからず存在します。そして彼らの創作環境もまた、個々の福祉施設内や個人の取り組みにとどまっているのが現状です。
そうした中、京都府では、作品を「記録する」ことに着目し、昨年度より府内の障害のある方たちの作品をデジタルで記録・保存・データベース化し、ウェブサイト等を通じて幅広くその活動の発信、作品の活用機会の拡大を図るデジタルアーカイブ事業(アートと障害のアーカイブ・京都)を実施しています。
このアーカイブという「記録活動」は、私たちに、作品、創作活動、表現の背景など、作者の表現世界への新たなアクセスの可能性をもたらしました。
今年度開催する「共生の芸術祭」では、本事業を周知するため、本事業をテーマとして構成しました。障害のある方たちの表現世界をどのように捉え、そして、どのように残し、伝えていくか、その在り方の一つを紹介します。

会期
2018年9月5日(水)〜 9月9日(日)
開催時間
10:00〜19:00(入場無料)
会場
京都文化博物館 別館ホール
〒604-8183 京都市中京区高倉通三条上ル東片町623-1
出展作家
池上洋二
上羽千春
国保幸宏
後藤実
濱中徹
藤橋貴之

主催
きょうと障害者文化芸術推進機構
制作
みずのき美術館
会場制作
STUDIO森森・barge fine products
広報デザイン 会場サイン
Su-

出展協力
京都市ふしみ学園 アトリエやっほぅ!!
社会福祉法人新明塾 工房ソラ
社会福祉法人相楽福祉会
社会福祉法人みずなぎ学園
NPO法人スウィング
お問合せ
きょうと障害者文化芸術推進機構事務局
TEL(075)414-4603 FAX(075)414-4597
〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
京都府健康福祉部障害者支援課内

関連企画

開催記念セレモニー
9月5日(水)13:30〜
展示会場内にて主催者からのご挨拶や出展作家のご紹介を行います。

レクチャー
「福祉施設で明日から始めるアーカイブ」
9月5日(水)14:00〜16:00
講師:須之内元洋(札幌市立大学講師・デジタルアーカイブ設計)
「アーカイブ」とは一体何か、本事業のデジタルアーカイブ設計者を講師に、アーカイブの考え方、仕組みについてのレクチャーを行います。
※台風21号の影響で中止させていただきます。

トークイベント
「『アートと障害のアーカイブ・京都』を語る」
9月8日(土)14:00〜16:00
登壇:服部正( 甲南大学文学部 准教授・美術史)
進行:奥山理子( みずのき美術館 キュレーター)
障害のある方の創作活動とアーカイブの取り組みについて、今後を見据えながら語ります。