他の会場への出品

滋賀県立美術館

人間の才能 生みだすことと生きること

2022 年1月 22 日(土)〜3月 27 日(日)
会場:滋賀県立美術館 展示室 3

人間の才能 生みだすことと生きること 画像
人間の才能 生みだすことと生きること 画像 人間の才能 生みだすことと生きること 画像 人間の才能 生みだすことと生きること 画像 人間の才能 生みだすことと生きること 画像 人間の才能 生みだすことと生きること 画像

資料をダウンロード

滋賀県立美術館

人間の才能 生みだすことと生きること

2022 年1月 22 日(土)〜3月 27 日(日)
会場:滋賀県立美術館 展示室 3

2021年に6月にリニューアルオープンした滋賀県立美術館にて、1月22日(日)より『人間の才能 生みだすことと生きること』が開催されます。
同展には、みずのき美術館の所蔵作品から小笹逸男、福村惣太夫、山崎孝、吉川敏明の作品が展示されています。
開催期間
2022 年1月 22 日(土)〜3月 27 日(日)
休館日
毎週月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌日火曜日が休館。(3月21日(月)は開館し、3月22日(火)は休館。)
開館時間
9:30-17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般 1,300円(1,100円)
高・大生 900円(700円)
小・中生 700円(500円)
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
出展作家
井村ももか、鵜飼結一朗、岡﨑莉望、小笹逸男、上土橋勇樹、喜舍場盛也、古久保憲満、小松和子、澤井玲衣子、澤田真一、アルトゥル・ジミェフスキ、冨山健二、中原浩大、福村惣太夫、藤岡祐機、山崎孝、吉川敏明
企画
保坂 健二朗(滋賀県立美術館ディレクター(館長))

企画展
人間の才能 生みだすことと生きること

本展で紹介する人たちのほとんどは、プロのアーティストではありません。誰かに評価されることなど望まず、独自の方法論で制作する彼らの作品からは、「生みだすことと生きること」を接続させていくことの大切さを感じ取れるはずです。ヴェネチア・ビエンナーレでも紹介された澤田真一、百鬼夜行的イメージを描く鵜飼結一朗、空想の本やDVDのジャケットをデザインする上土橋勇樹、記憶に基づきたおやかなイメージを紡ぎ出す澤井玲衣子など、全17作家。

https://www.shigamuseum.jp/exhibitions/1634/

霧の芸術館2021

線を引き続けるためのアーカイブ

2022年1月15日(土)〜 1月30日(日)
会場:亀岡市文化資料館

線を引き続けるためのアーカイブ 画像
線を引き続けるためのアーカイブ 画像 線を引き続けるためのアーカイブ 画像 線を引き続けるためのアーカイブ 画像 線を引き続けるためのアーカイブ 画像

霧の芸術館2021

線を引き続けるためのアーカイブ

2022年1月15日(土)〜 1月30日(日)
会場:亀岡市文化資料館

かめおか霧の芸術祭の取組のひとつである「霧の芸術館」では、4つの施設が連携して展覧会を開催中です。そのひとつ、亀岡市文化資料館での「線を引き続けるためのアーカイブ」展に、みずのき絵画教室として参加しています。

〈展覧会概要〉
「線を引き続けるためのアーカイブ」は、亀岡ゆかりの芸術家の作品そのものでなく、アトリエの空間や使い古した道具、加工される前の素材、窓からの景色や散歩道、本棚に並ぶ本など、その芸術家を構成するさまざまな要素をリサーチによって紐解き、その実像に迫る試みです。
会場では、芸術家のアトリエ跡や資料等をアーティストがリサーチ(調査)した結果を展示します。
かめおか霧の芸術祭では、亀岡の風土や環境に身を置き、作品と向き合い続けてきた芸術家の営みそのものが亀岡市にとって貴重な“文化資料”であるととらえて、今回の展覧会を機に数年かけてアーカイブ(記録・保存)していきます。

 

出展作家
出口鯉太郎
円山応挙
みずのき絵画教室
ヤノベケンジ
山口牧生
会期
2021年1月15日(土)〜 1月30日(日)
開館時間 10:00 - 17:00
月曜日  休館
会場
亀岡市文化資料館(亀岡市古世町中内坪1)
URL
https://kameoka-kiri.jp/oepn_atelier/senwohikitudukerutamenoa-kaibu/

みずのき絵画教室
障害者支援施設みずのきの創立5年目の1964年に、入所利用者を対象に始まった日本画家・西垣籌一による絵画教室

西垣籌一(にしがきちゅういち)
1912-2000
明治45年(1912年)兵庫県生まれ。昭和8年(1933年)に京都市立絵画専門学校本科に入学し日本画を学ぶ。在学中、吉岡堅二、福田豊四郎らによる新日本画研究会の結成に参加。卒業後、文展鑑査展に初入選。第1回新文展に入選するなど認められ、26歳のとき新美術人協会に参加する。その後、京都市立絵画専門学校助教授となったのち、京都市の高等学校の教諭になり退職を迎えるまで美術教育に携わった。また、昭和39年(1964年)からは京都府亀岡市の障害者支援施設「みずのき」で絵画教室を通じた障害者による創作活動の支援に尽力した。

「かめおか霧の芸術祭 霧の芸術館2021

亀岡ゆかりの芸術家の展示を4つの施設で開催。
今年は亀岡市文化資料館、大本本部(みろく会館、春陽閣)、みずのき美術館 、そして亀岡市役所地下1階に誕生した「開かれたアトリエ」という館が連携して、亀岡ゆかりの作家の展示を中心に、亀岡で活躍する若手からベテランまで様々なアーティストが参加します。


A. 亀岡市文化資料館
線を引き続けるためのアーカイブ
日時 115日(土)~30日(日) 10時~17
休館日(月)
https://kameoka-kiri.jp/oepn_atelier/senwohikitudukerutamenoa-kaibu/
 
B . 大本本部(みろく会館・春陽閣など)
亀岡ゆかりの芸術家展
日時 115日(土)~30日(日) 10時~17
休館日(月木)
https://kameoka-kiri.jp/oepn_atelier/kameoka_yukarinogeijutukaten_2021/
 
C . 開かれたアトリエ
展示1  街と巡
展示2 霧のまち
日時 115日(土)~210日(木) 9時~17
休館日なし
https://kameoka-kiri.jp/oepn_atelier/hirakareta_atrie_exhibition_2021/
 
D. みずのき美術館
HOME PARTY 08 – なんたうん2022 –
日時 115日(土)~30日(日) 10時~18
休館日(月木)
https://kameoka-kiri.jp/oepn_atelier/home-party-08-nantaun2022/
 
 
*より詳しい情報は随時こちらのwebサイトに追記>>>
https://kameoka-kiri.jp/oepn_atelier/kiri_art_exhibition_2021/
 
かめおか霧の芸術祭のFacebookInstagramでも発信されます。

神田ポート企画

みずのき美術館コレクション展「見て、居る vol.1」 開催

前期:2021年11月3日(水)〜11月28日(日)
後期:2021年12月1日(水)〜12月26日(日)
会場:神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9 神田ポートビル1F)

みずのき美術館コレクション展「見て、居る vol.1」 開催 画像

神田ポート企画

みずのき美術館コレクション展「見て、居る vol.1」 開催

前期:2021年11月3日(水)〜11月28日(日)
後期:2021年12月1日(水)〜12月26日(日)
会場:神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9 神田ポートビル1F)

2021年11月3日(水)より、東京の「神田ポート」にてみずのき美術館のコレクション展が開催されます。
本展を企画する「株式会社ゆかい」は、写真家・池田晶紀が主宰する写真とデザインの会社です。
みずのき美術館とはこれまでも展覧会や福祉をテーマとしたアートイベントでの交流がありました。
今後、コレクション展は定期的に開催していく予定でおり、今回はその第1回目の展覧会となります。
ぜひご覧ください。

 

神田ポート ホームページ https://www.kandaport.jp/
会期
前期:2021年11月3日(水)〜11月28日(日)
後期:2021年12月1日(水)〜12月26日(日)
※11月29日(月)30(火)は展示替えのため休廊となります。
時間
11:30〜19:00
会場
神田ポート(東京都千代田区神田錦町3-9 神田ポートビル1F)
「みて、居る」展によせて
神田ポートのギャラリースペース(元ドラックアウトスタジオ)では、地域性を活かした活動の拠点となるべく、その最初の試みとして、みずのき美術館と協働し「障害のある方が生み出す時間」をテーマに据え、「みて、居る」というシリーズ企画としてコレクション展を継続して開催していくことにしました。
その第1弾となる本展では、2万点をこえるみずのき美術館のこれまでのアーカイブ作品の中から、神田ポートのプロデューサー・小林知典がテーマを位置付け、作品の選定を行いました。ぼくらは「あたらしい見方」を知ることで、発見をし、その感動を暮らしのよろこびに変えていく、そのような活動を通すことでこの街の港(ポート)が、多様な「出会いの場」になっていくと考えています。
ぜひ、生活の船出となるきっかけをつくりに、神田ポートへお立ち寄りください。
−−−−
みずのき美術館コレクション展「見て、居る vol.1」作品選定にあたって
本展開催にあたり、作品の選定をするためのテーマを「風景」としました。あえてテーマを据えたのは、1万点にも及ぶ作品を1点ずつ見ていくなかで、みずのきの作家たちが描いて残してきた作品から、広大で、豊かな時間としての風景が見えてきたからです。
「みて、居た」と題する本展では、障害の有無は関係なく、誰しもがそこで見た、そこにいた時間というものがあるはずで、それぞれが過ごした時間や見えていたものの風景をこの会場に浮かび上がらせることができたらという思いがあります。
今回の展覧会を通じて、みずのきの作家たちが見ていた「風景」に想いを馳せながらご覧いただけるとうれしいです。

神田ポート・プロデューサー
小林知典

キービジュアル
photo:Yuka Ikenoya