展覧会情報

みずのきアーカイブのための展覧会
- 福村惣太夫・山崎孝 1976 -

2016年11月2日(水)~2017年2月5日(日)

2016年度より取り組んでおります所蔵作品のアーカイブ化を、展覧会をとおしてご紹介する「みずのきアーカイブのための展覧会」。全三回シリーズの最終回を開催します。

詳細を見る

福村惣太夫・山内庸資 二人展「ストローク」

2016年11月3日(木・祝)~12月25日(日)

みずのき絵画教室のメンバーで、今もなお描き続けている福村惣太夫と、イラストレーターの山内庸資による二人展「ストローク」をart space co-jin(京都市)にて開催します。

詳細を見る

みずのき 冬の演奏会
〜みずのきの絵たちから生まれたアニメーションと生演奏〜

2016年12月18日(日)

場所:みずのき(障害者支援施設)
みずのきの絵たちから生まれたアニメーションと生演奏によるライブを絵が描かれた場所、障害者支援施設みずのきにて開催します。アニメーションは映像作家の浦崎力、音楽はミュージシャンのてあしくちびるが担当。

詳細を見る

錦市場商店街ナイトミュージアム
「若冲とみずのき」奇想の絵師×アール・ブリュット美術館

2016年10月2日(日)~10月30日(日)

伊藤若冲の作品とともに、みずのき絵画教室で生まれた作品が夜の京都錦市場に並びます。若冲生誕300年を記念して開催される本企画では、若冲生誕の地である錦市場商店街に、若冲とみずのき絵画教室の作品が、商店街のシャッターに転写され、ライトアップされます。

詳細を見る

ぎふメディアコスモス開館1周年記念事業
「みんなの森のフム・ドキ・ワイ2016」メインコンテンツ
「みんなのアート 〜それぞれのらしさ〜 2016」

2016年7月9日(土)~7月31日(日)

ぎふメディアコスモス開館1周年記念事業「みんなの森のフム・ドキ・ワイ2016」が開催されます。昨年度同様、メインコンテンツの「みんなのアート〜それぞれのらしさ〜2016」展を当館が企画制作をお手伝いさせていただきました。

詳細を見る

みずのきアーカイブのための展覧会
― 小笹逸男1977 山本一男1989 ー

2016年7月20日(水)~10月9日(日)

みずのき美術館では今年、所属作品の本格的なアーカイブ化に着手しました。「みずのきアーカイブのための展覧会」、全3回シリーズの2回目は、小笹逸男と山本一男の作品を紹介します。

詳細を見る

みずのきアーカイブのための展覧会
ー岡本由加1995 岸ノ上卓二1988ー

2016年4月29日(金・祝)~6月26日(日)

2016年度、みずのき美術館では、所蔵作品の本格的なアーカイブ化に取り組みます。第1回目となる本展では、みずのき絵画教室のメンバーだった岡本由加と岸ノ上卓二の作品から、それぞれの制作年を限定して展示します。

詳細を見る

今日、アール・ブリュットを考えてみる

2016年2月17日(水)~3月27日(日)

本展は、みずのき美術館、京都府アールブリュッ都ギャラリー、2つの会場にて同時開催いたします。 みずのき美術館では作品とともに、アール・ブリュットや周縁にある取り組みに関する書籍などを展示します。

詳細を見る

みずのき美術館 コレクション展6
ひとりの美術館

2015年10月31日(土)~12月27日(日)

本展は亀岡在住のシンガーソングライターのaoki laskaさんとの出会いをきっかけに生まれました。 リリースされたアルバム曲「ひとりの美術館」からインスピレーションを得て、所蔵作品の中から、顔やパーツをイメージさせる作品を展示します。

詳細を見る

みんなの森 ぎふメディアコスモス開館記念事業
「みんなのアート それぞれのらしさ」

2015年7月18日(土)~8月16日(日)

岐阜市にオープンする「みんなの森 ぎふメディアコスモス」で開催される「みんなのアート それぞれのらしさ」にみずのき美術館が参加しています。

詳細を見る